ファイナンシャルプランナーとなってから株式投資を本格的に始めるようになったが、株式投資を始めたころと、今とではかなりその手法が変わってきている。

株式投資を始めたころは、投資の基準というものがなく、気になっている企業や、新聞で話題になった企業の株式をとりあえず購入してみたという感じであった。

財務内容などはあまり見ず、というよりも、財務諸表が読めなかったので、避けており、チャートばかり見ていたのである。

つまり、キャピタルゲインを狙っていたのだ。

しばらく下がっているような株式を見つけると「そろそろ上がるのではないか」と考えて購入したりもした。

しかし、結果的にこのような方法は好成績にはつながらなかった。

転機になったのは、中古ワンルームマンション投資を始めたことである。

中古ワンルームマンション投資でインカムゲインのありがたさを感じ、株式投資においても、インカムゲインを求めていこうという風に考えるようになったのだ。

それからというものの、安定的にキャッシュを生み出す事業はどのようなものなのか、ということを考えたり、多少業績が悪くなっても体力がある会社というものはどういうものなのかということを考えるようになり、財務内容を理解できるようになっていった。

今では、どのような企業でも株式投資をする前に必ず財務内容を確認している。

そのうえで、その企業が割安だと判断すれば、投資をするのである。

価値基準は1株当たり純資産額を見ている。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans